肺がん治療10 抗ガン剤治療で注意する点6

肺がん治療 抗ガン剤治療で注意する点6 発熱 白血球 赤血球 血小板

肺がん治療 抗ガン剤治療で注意する点6

次に治療中の生活で気をつけることについてお話します。先ほどお示しした図の流れにそって、副作用がおきますので、それぞれの副作用に対しての注意するがあります。ひとつは治療後1週間後から2週間後にかけて、白血球が減ってくるというお話をしました。白血球というのは外から身体の中に病原菌が入ってきたときに、それに抵抗する力です。従って白血球が少なくなると、病原菌に対する抵抗力が落ちてしまいます。例えば普通だったら風邪で終わるところが、気管支炎になったり場合によっては肺炎になったりということがあります。熱が出るというのは、感染がおきている兆候で、感染というのは外からバイ菌が入ってくることですから、場合によっては、抗生物質を使ったり血液検査やったりというようなことが必要になってきます。入院中は毎日看護師が検温しますから、見落とすということはありませんが、外来で通院治療をしている方は、自分できちんと体温を毎日測って管理しておかないといけません。

次に治療中の生活で気をつけることについてお話します。先ほどお示しした図の流れにそって、副作用がおきますので、それぞれの副作用に対しての注意するがあります。ひとつは治療後1週間後から2週間後にかけて、白血球が減ってくるというお話をしました。白血球というのは外から身体の中に病原菌が入ってきたときに、それに抵抗する力です。従って白血球が少なくなると、病原菌に対する抵抗力が落ちてしまいます。例えば普通だったら風邪で終わるところが、気管支炎になったり場合によっては肺炎になったりということがあります。熱が出るというのは、感染がおきている兆候で、感染というのは外からバイ菌が入ってくることですから、場合によっては、抗生物質を使ったり血液検査やったりというようなことが必要になってきます。入院中は毎日看護師が検温しますから、見落とすということはありませんが、外来で通院治療をしている方は、自分できちんと体温を毎日測って管理しておかないといけません。

About admin