肺がん治療 31 病理診断とは

病理診断

病理診断

肺がん治療 31 病理診断とは

病理診断には、簡便で被験者の負担が少ない細胞診と、生検ともいわれ、細胞単体ではなく、組織構築を判断する組織診がある。細胞診は患者さんの負担が軽いです。組織診は細胞診に比べ患者さんの負担が大きくなってしまいます。しかし細胞診に比べ正確な検査が出来ます。細胞診の1つに喀痰細胞診(痰に肺がん細胞があるかを調べる検査)があり、たばこを吸っている人は痰の細胞診検査を一緒に行いましょう。

About saito